妊婦は葬儀に出ても大丈夫?出席するならココに注意!

妊婦の時に、身近な人の葬儀。ただでさえ精神的なショックが大きいのに、その上、葬儀に出るとなると身体的な負担もどっと来るはずです。疲れやすく、同じ姿勢でいるとお腹が張ってしまう妊婦さん。葬儀にはどうしても出席しなければいけないのでしょうか?時期にもよりますが、妊婦生活は想像以上にツライもの。お腹は張るし、重いし、トイレは近いし・・・ってそんな状態で長丁場の葬儀に出ても大丈夫なの?無理しちゃダメ!基本的には体調優先で妊婦さんは、自分では大丈夫だと思っていても突然体調が変わったりするもの。葬儀に出ることでかえって迷惑をかけてしまうこともあるでしょうし、無理をして出席することはありません。妊婦の今は、自分の身体であって完全に自分のものではないような状態ですから。葬儀に出るかどうかはお腹の赤ちゃんと相談して決めましょう。今はこんな便利なレンタル喪服セットもありますので、服装の心配はしなくても大丈夫そうです。出席する場合でも、遺族の方や葬儀屋のスタッフの方に妊婦であることを伝えておいたほうが安心ですね。退席しやすい席を用意してもらえれば、途中で体調が悪くなった場合でも場の空気を壊さず出ていくことができるでしょう。こんな迷信、ありませんか?一方、妊婦さんの場合は、自分の身体も心配ですがお腹の赤ちゃんにまつわる迷信あれこれも気になりませんか。例えば、「亡くなった方が、アノ世でさみしくならないように赤ちゃんを連れて行ってしまう」とか。私の祖父が亡くなった時、妊婦だったいとこはそんな理由で葬儀には出ませんでした。(親族に止められてました)故人がお腹の赤ちゃんを連れて行くなんてどう考えても迷信ですが、でもやっぱりちょっとは気になりますよね。もし“万が一”があった時、「あの時に葬儀に出たからかな?」と思ってしまったら、亡くなったじーちゃんもかわいそうです。こういった迷信は地域によって異なりますが、お住まいの地域で気になる迷信があるならちょっと気にしたほうが良いかも。「そんなことあり得ない!」って突っぱねられる人ならいいのですが、少しでも気にしてしまうタイプであるならばご親族の方に相談してみたほうがいいですね。欠席する場合に押さえておきたいマナー「なにかあったら心配だし。やっぱり葬儀に出るのはやめておこう」と決めた場合でも、供養の気持ちを示すことは大事です。くれぐれも、「妊婦が葬儀に出ると縁起が悪いと言われたから」とか「お腹の赤ちゃんが連れて行かれないか心配だから」なんて言っちゃダメですよ!(それって遺族に対してかなり失礼です)「もし体調が悪くなってご迷惑をおかけしたら申し訳ないので」と、あくまでも相手への配慮からやむを得ず欠席することにした、というニュアンスで伝えましょう。その上で、弔電やお悔やみ状、香典を送ったり、後日改めて焼香に伺ったり。相手方にしてみれば、大事な人を失って打ちひしがれた気持ちでいるところに、新しい命を宿したあなた(妊婦)の姿を見るのはもしかしたらツライかもしれません。逆に、新しい命を感じて気持ちが晴れるという方もいますし、そこはもう相手次第ですが・・・。「楽しみですね」とか言われても、あまり幸せアピールはしないほうが良いんじゃないでしょうか。
Source: 葬儀のニュース